トップ

スメハラを改善する

スメハラの問題について

不快感を与えるスメハラ問題

他人に嫌がらせすることを「ハラスメント」と言います。近年は性的なニュアンスを漂わせて相手に不快感を与えるセクハラ(セクシャル・ハラスメント)や、言葉の暴力で退職に追い込むモラハラ(モラル・ハラスメント)など、嫌がらせを表現する言葉がたくさん生まれました。

そして今、問題になっているのがスメル・ハラスメント、いわゆる「スメハラ」です。これは訳のとおり臭いによる嫌がらせであり、体臭や口臭、香水など他人が不快に感じる臭いを平気で撒き散らす人に使います。特に中年男性は「加齢臭」と「ミドル脂臭」の二大体臭によって、最も敬遠される対象になっているのです。加齢臭対策にボディソープをお探しならこちらです。

不快な臭いに悩まされることは、生活の質を下げる原因になります。仕事においても業務効率が悪くなってしまうでしょう。最近では女性の退職理由に「スメハラ」があるほどです。企業の中にはセミナーを開いて、無意識に臭いを振り撒かないよう注意を促していますが、臭いの感じ方には個人差があるため、明確な基準を設けるのは難しいようです。

男性の8割は、スメハラをしているのではないかと不安を感じています。けれども、自分の発する臭いは自分で気づきづらいもの。周りも口に出して指摘するのは勇気が必要です。いっそ中年になったら、自分は臭っているという前提で加齢臭やミドル脂臭対策をした方が良いでしょう。家族や何でも話せる友人に確認するのも一つの方法です。

かつては欧米人と比較して、日本人は臭わない方でした。けれども食の欧米化によって体臭の原因となる肉類や発酵乳製品を多く摂るようになり、スメハラになるほどの臭いを発するようになったのです。

食生活に気をつけると共に、加齢臭・ミドル脂臭それぞれのメカニズムを理解して、必要な対策を取ることがスメハラ防止になるでしょう。

Copyright © スメハラの問題について. All rights reserved.